HOME>体験談>廃車には手続きが必須!必要書類の準備に注意すべきこと

廃車には手続きが必須!必要書類の準備に注意すべきこと

廃車

廃車手続きをするには色々な書類が必要になってくるのですが、提出するものによっては発行してから提出できる期限が定められているため、あまりにも早く準備するのは避けるようにしましょう。

レビュー一覧

印鑑証明が取り直しになるとは予想外でした【40代 男性】

長年使ってきた愛車もいよいよ廃車となり、その手続きを行うこととなりました。廃車の場合も様々な書類が必要ということで、実際の手続きで困らないようあらかじめ用意しておくことにしたのです。まずは車検証を用意し、それからナンバープレートも前後2枚分用意しました。この他では移動報告番号や解体通知著の書かれた書類、さらにリサイクル券も必要です。そして、自動車重量税還付申請書、マイナンバーも用意しました。それから、これは絶対に必要ということで印鑑証明書とその実印も用意したのです。準備は整い、抜かりがないと考えていたのですが、思わぬ落とし穴がありました。印鑑証明は発行されて3か月以内のものでなくてはならず、すでに期限が切れており、取り直しとなったのです。そのためにかえって手続きに時間が掛かってしまい、準備もあまりに早く行うのも良くないと反省しました。

書類に有効期限があるとは思いませんでした【30代 男性】

廃車の手続きが必要となり、様々な書類を用意することになったのです。廃車の手続きは初めて行ったのですが、必要な書類などは事前に確認しておいたのですぐに用意することができました。そして、こうした書類は、特に有効期限などはないと考えていたのです。ところが、改めて調べてみたところ、廃車に必要な印鑑証明は陸運局で抹消手続きを行う場合は発行から3か月以内のものである必要があるということがわかったのです。さらに、車検証所有者の氏名、住所と印鑑証明書の情報が一致しない場合は住民票も用意することとなりますが、この場合も住民票は発行から2ヶ月以内のものであるということもわかりました。事前に確認していなかったら、期限の切れた書類を持っていっていたかもしれません。

広告募集中