不要な車は買い取ってもらおう

静岡で不要な車の処分に困ったら、カーディーラーに下取りしてもらう方法もありますが、中古車専門業者に買取ってもらうのがお得です。どんな車も、0円と査定されることはほとんどないため、問題のある車でもお金に換えることができます。

買取査定を躊躇してしまう車の種類ランキング

おもちゃの車
no.1

一般的に使い道の少ない車

自家用車で使用できる車ではなく、キャンピングカーのように特殊な車は、買取ってもらえるかわからず、買取査定を躊躇してしまう人が多いようです。実際には、買取基準を満たしていれば、キャンピングカーでも買取ってもらえます。

no.2

動かなくなった事故車

事故車は、大きな傷があるだけでなく車自体が動かなくなっていることもあります。処分しか方法がないような不動車でも、買取ってもらえる場合がほとんどなので、出張サービスを行っている中古車買取業者を利用して、査定をしてもらうと良いでしょう。

no.3

借金の担保である金融車

借金の担保である金融車や、ローン返済中の車は、買取ってもらえないだろうと躊躇してしまいがちです。しかし、金融車やローン返済中でも、買取ってくれる業者があるので、査定の依頼をしてみるとよいでしょう。

事故車や金融者も意外と買い取ってもらえる!

発展途上国を再販ルートとしている中古車買取業者は、事故車の需要も高いため買取ってもらえる率が高くなります。同様に、金融車であっても、ルートが確立しているので業者としては買取に問題を感じないことがほとんどです。

事故車と修復歴有車の違い

事故車は単に事故を起こした車

事故車は、事故を起こしてキズが付き、塗装を治したりミラーを交換したりするなど、マイナーな修理をした車の事です。大きな事故を起こしても、車の根幹部分に関わる修理をしていない車は、事故車としてカテゴライズされます。

修復歴有車は根幹部分の修理をした車

修復歴有車は、事故を起こしたあと、車の根幹部分に関わる修理をした車です。根幹部分とは、車の走行や強度にかかわる部分で、具体的にはフレームやクロスメンバー、ダッシュパネルなどを含む、9つの部位を指します。

事故車は専門業者に依頼して買取処分をしてもらおう

車と虫眼鏡

車の買取査定の流れ

車の買取査定は、まずインターネットや電話で査定の依頼をし、だいたいの査定金額を出してもらうことから始まります。査定依頼をする時には、車の年代や車種、走行距離、金融車であるなどの情報が必要となり、それに応じた査定金額が算出されます。査定金額に納得したら、正式な買取価格を決めるために査定の日時を決めます。正式な買取価格は、実際に車を見て決められるので、買取業者と日時を相談することになります。買取価格に納得したら、正式な契約を行い、買取証明書を発行してもらいます。代金は、現金もしくは銀行振り込みによって受け取ります。

広告募集中